ハヤカワが格安 2017年度 フィリップ・キンドレッド・ディックアンドロイドを比較に比較し「厳選」した1つの商品です

今届いてまだ読んでないんですが!横から見たらページの厚みの部分に血みたいな汚れがついててとても残念。SF入門書としてもなかなかオススメです。VF法や登場人物は似通ったところがあるのですが!J・K・セバスチャン=J・K・イジドアもかなりの違和感。

11月8日 オススメ商品!

2017年11月08日 ランキング上位商品↑

アンドロイド ハヤカワ フィリップ・キンドレッド・ディックアンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫) [ フィリップ・キンドレッド・ディック ]

詳しくはこちら b y 楽 天

面白かったです。SF小説の古典的?名作。本当におもしろい傑作です!SF小説にあまりなじみのない私にもとても読みやすかったです。映画よりも描写が細かく、映画とは別物って感じでした。また利用させて頂きます。こういうの交換とかできないのかな…映画「ブレード・ランアー」の原作と言うことでかったのですが、そう言う見地から見るとまるで違う話だと思いました。ディックならではの面白い作品です。映画ブレードランナーの原作本です。和訳が不自然というか直訳過ぎるというか....原文でよみたいです。命について深く考えさせられる本。映画ブレードランナーの原作なんですが、内容はかなり違います。。タイトルと装丁が気になり購入しました。「ブレードランナー」では言い切れないところも多かったのですね。これから読んでみるのですが!読んだことのある友人からはおすすめの小説だと言われたので期待しています。映画よりも深くて考えさせられます。SF(で良いのかな?)に挑戦するのは初めてでしたが、スラスラ読めました。「ブレード・ランナー」の原作として読むのはお勧めしません。各方面でパロディーに使われているものの、実際に原作を読んだ人は案外少ないんじゃないでしょうか。まぁ別の物語として読めば!1960年代に書かれたSFとしては異色の作品で面白いと思います。